MENU

データ形式に留意しよう

衣類

カラーリングが大切なら

法人や市民サークルをはじめ、部活動などでもオリジナルユニフォームを作成することは多いですが、オリジナルデザインを業者へ入稿する時は、データ形式に留意しましょう。それぞれの業者で対応するデータ形式やフォーマットが決まっておりますので、それに合わせて入稿するのが肝心です。また、データ入稿ではドロー形式のベクターデータを推奨している場合も多くなっています。ベクターデータはアウトラインフォントと同様に、ベクトルとしてデータを構築していますので、拡大しても形が崩れないのがメリットです。特に、オリジナルデザインを基に業者側へデザイン作成も依頼するなど、拡大縮小が予想される場合は、配慮しておくと良いでしょう。一方、オリジナルユニフォームを作成する際、カラーリングが重要になる場合は、予めそのカラーチャートや見本色を送付して、業者側で印刷する色を決めてもらった方が良いかも知れません。パソコンやモニターの設定次第では発色が異なるため、色の食い違いには気を付けましょう。そのほか、オリジナルユニフォームのベースとなる服の生地を確かめたい時は、サンプルを送ってもらうのが得策です。質感や肌触りはモニター上では把握しにくいですから、ネットでオリジナルユニフォームを発注する場合は、留意するに越したことはありません。そして、納期は各業者で違いますので、その点にも気を付けて、可能であれば余裕を持ってオリジナルユニフォームの作成を依頼しましょう。

オススメ記事

選手

自分好みにこだわれる

オリジナルユニフォームはこだわりをすべて詰め込むことができ、魅力あふれるアイテムです。自分の好みを反映できるポイントがたくさんあるので、こだわりぬいたものを作成しましょう。Tシャツやパーカーなど種類もあるため一年を通じて利用もできます。

男の人

オリジナルデザインが可能

オリジナルユニフォームは部活やイベントのメンバーの一体感を高めることができるアイテムです。自分たちで好きなようにデザインをすることができるので世界に一枚だけのオリジナルユニフォームが完成します。デザインする作業は非常に簡単です。

服

ユニフォーム検討中の方へ

オリジナルユニフォーム選びをする際には「デザイン」、「素材」、「機能性」、「コスト」の四つのポイントを考慮して選ぶようにしましょう。また、理想的なオリジナルユニフォームを選ぶために周囲の要望も事前に聞いておくと良いでしょう。

男性

団結などメリットが多い

団結や目標意識の向上など、ユニフォームが果たす役割は大きいです。作成にかかる費用はオリジナルユニフォームの場合1万円前後が相場です。ブランドやデザイン料によって値段が上がる傾向で、Tシャツなど簡易なものでは3千円前後とお安くなっています。

Copyright© 2017 オリジナルユニフォームが話題|特性を知っておくべし All Rights Reserved.